FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-OにCentOS/RedHat対応インターネットサーバー Powered BLUEをセットアップする

富士通が運用するOpenStackのクラウド基盤 FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O 上にオールインワンのWebサーバーアプライアンス「Powered BLUE 870 インターネットサーバー」をセットアップする手順です。一般的なOpenStackで同様の構成での運用も可能です。

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2018/09/pb-log-600x600.png

 

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oの特徴は

  • OpenStack準拠
  • 単一ゾーンでのSLA 99.99%
  • アンチ・アフィニティをサポート
  • 回線費用は無償(ベストエフォート)
  • オブジェクトストレージからのダウンロード費用は無償(ベストエフォート)
  • Firewallは無償
  • Ansible対応
  • OpenStackの標準GUI Horizon対応

などです。

OpenStack準拠

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oはアベイラビリティゾーンとして、OpenStackに準拠のjp-east3 / jp-west3 が選択出来ます。

jp-east3 / jp-west3ではansibleからの操作やOpenStack標準のGUIコンソールHorizonなどからも使用可能です。ansibleでのネットワーク構築からサーバー構築や設定までを一気通関で行なうことが出来ます。

また単一ゾーン構成でのSLA 99.99%をサポートしています。HA構成時に特定の仮想マシンが常に違うホストで実行されるアンチ・アフィニティ機能もサポート。特に支障が無ければ、アベイラビリティゾーンとして jp-east3 / jp-west3 での運用を推奨します。

 

オブジェクトストレージからのダウンロードに課金されない

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oのネットワークの通信費用は、ベストエフォートの固定料金です。Firewallも標準で付属しており使用に際して、別途の費用は不要です。

またオブジェクトストレージのデータアップロード&ダウンロードにも費用はかかりません ( AWSや他社のクラウドサービスでは、オブジェクトストレージからのダウンロードに課金されます)。

インターネット側の回線もベストエフォートを選択することで、固定の通信費用での運用が出来ます(従量課金ではありません)。

 

インターネットサーバー

Powered BLUE 870 サーバーは、Mail / Web / DNS などのインターネットサーバー機能を「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O」上に構築の1台のPowered BLUE で運用することが出来ます

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif Powered BLUE 870 サーバー

基本機能 Web / Mail / DNS / ftp
フリープラグイン Web mail (Roundcube) / php7.x  / Let’s Encrypt / WordPress
オプション プライベート CA / SSLクライアント認証

ワンタイムパスワード認証

SAML認証

AD認証

生体認証( FIDO2 / WebAuthn )

リバースプロキシ

フォワードプロキシ

 サードパーティソフト desknet’s  /  サイボウズ /  監視ソフト /  Mattermost  /  他

「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O」のCentOS 7.x  などのオフィシャルテンプレートから作成したインスタンスに、Powered BLUE 870のモジュールを組み込んだサーバーを提供します。( RedHat 7.xも選択可能 )

 Powered BLUE 870 Server Spec   内容
  OS   CentOS 7.x  /  RedHat OS 7.x
  CPU / memory / HDD / Ethernet   1-vCPU (Min)  / 1024MB(Min) / 30GB(Min) / Ether x 1 (Min)

 

尚Powered BLUEのインストールに際して「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O」の基盤側では、以下のrouter,network,firewall,dhcp関連の事前設定が必要です。(通常はdhcp関連の項目は設定済です)

 router / network / firewall   インストール時にはポート 22 / 81 / 444 にアクセス出来ること
 dhcp   dhcp 有効
 IPアドレス割り当てプール   dhcpで自動払い出し対象とするIPv4アドレスのレンジを設定
 ゲートウェイIP   dhcp機能で自動で払い出す、デフォルトゲートウェイのIPv4アドレスを設定
 DNSサーバー   dhcp機能で自動で払い出す、DNSサーバーのIPv4アドレスを設定

またインストール時には

  • WAN側にアクセス出来ること
  • DNSはインターネット側の名前を解決出来ること
  • Firewall などはポート 22 / 81 / 444 にアクセス出来ること

などが必要です。

 

 

上記の設定後に、「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O」 で CentOS 7.x もしくはRedHat 7.x デフォルトのインスタンスを作成しておきます。

  • サーバー名指定
  • サーバータイプ選択
  • パブリックイメージ選択 例 CentOS 7.9
  • HDD サイズ指定 例 30GB

Fujitsu Cloud Service for OSS(4OSS)上にCentOS7のインスタンス構築設定 例

 

ご利用者側では、セットアップウィザードからPowered BLUE サーバーの設定を行ないます。

セットアップウイザード開始

http://xxx.yyy.zzz.xyz:444/

クラウド基盤のインスタンスのデフォルトの言語で表示(FJcloud-O は英語がデフォルト

 

基本設定

  • サーバー名(Host名 Domain名を指定)
  • DNS (デフォルトでは、クラウド基盤からアサインされたIPが入っています)
  • 管理者のパスワード
  • 言語の表示切り替え設定 ( 例 Language で Japaneseを選択
  • タイムゾーン(日本時間を選択

などを設定

プライマリインターフェースのIPアドレスやgatewayは、クラウド基盤側からアサインされたものを変更せずにそのまま利用します

DNSなどは適宜変更可能です。

GUI表示を英語版から日本語へ切り替えます

ウイザードの終了後に、サーバーへ再ログインします

 

Powere BLUE へログインをします

admin のパスワードは、セットアップウイザードで指定したパスワードを入力します

 

NTPサーバーの指定

 

パッチのアップデート

  • リストアップされたパッチを「アップデート実行」ボタンを押して適用します
  • kernel などをアップデートした場合には、アップデートの終了後にサーバーを再起動してください

 

パッチの自動更新方法

  • パッチアップデートの自動更新での運用に対応(毎時・毎日・毎週など)
  • 再起動の必要なモジュールを除外してのパッチアップデートでの運用を指定

例 毎日 0時12分に自動アップデート

例 kernel*   glib* 関連のパッケージはアップデートしない指定

 

仮想サイトの作成

  • 追加ボタンを押します

 

仮想サイトの設定

  • IPアドレス
  • ホスト名 ドメイン名
  • 各種パラメータ

を設定します

 

Webサイトを公開

  • 仮想サイトのWebを公開する場合、Webサーバーを有効にするにチェックを入れます

 

セキュリティの指定

運用するWebサイトのバージョン情報の非公開やWebサイトのTLSレベルなどを指定できます

  • バージョン情報を公開しない
  • PHPヘッダの応答をしない
  • Traceメソッドの無効化
  • TLSレベルの指定

 

 

仮想サイトのWebページへアクセス

  • デフォルトのWebページが表示されます
  • Webページは、フリープラグンのWordPressなどでの管理も出来ます
  • Let’s Encrypt でのWebページのSSLサーバー証明書のインストール&自動更新に対応

2nd Ethernetの設定

Powered BLUE はデフォルトでは プライマリインターフェース / eth0 のみで動作します。LANからのアクセスの為に2個目以降のインターフェース / eth1を追加することに対応しており、管理GUIへは、LANからのみのアクセスでの運用などが可能です。

 

 

ログの長期保存やトラップ(オプション)

syslog サーバーとしても運用が出来ます

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/05/syslog-5.png

  • シスログ送信・中継・受信の3モードでの同時運用に対応
  • 拠点間のログの安全な送受信
  • port指定に対応 ( UDP / TCP / RELP / TLS )
  • TLS認証に対応
  • 送信キューに対応

 

  • 複数サーバーのログ受信および保存

 

ログの保存期間 (設定例)

  • 受信ログは毎日ローテーション(365日x5年=1825回)を行い、保存期間は5年

 

 

 

Powered BLUE 870 へのフリープラグインなどのインストール

WordPressのインストール&セットアップ(Webページ作成ツール)

Let’s Encryptのインストール&セットアップ(Webサイトの常時SSL化)

 Rouncubeのインストールセットアップ(Web Mail)

ownCloudのインストール&セットアップ (オンラインストレージ:オブジェクトストレージと連携出来ます)

php7 インストール&セットアップ

 

Powered BLUE のカスタムモデル(オプション機能)

プライベートCA / SSLクライアント認証アプライアンス

ワンタイムパスワード認証アプライアンス

リバースプロキシアプライアンス

 

デモサイト

Powered BLUE 870 のデモサイト

 

富士通マーケットプレース

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oのマーケットプレイス

 

 

ご不明な点などは、ムービットの https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif お問い合わせフォーム からお問い合わせください