NTT communications」カテゴリーアーカイブ

FIDO2 / パスワードレス認証のWeb対応は生体認証機能のリバースプロキシを利用 / 既存Webの改修不要 / AWSで運用

運用中のWebサイトへアクセスする際に、Web側の変更をすることなくFIDO2/WebAuthn対応のリバースプロキシの指紋認証で「本人確認」を行った後に、既存のWebへアクセスさせる方法です。

リモートアクセス時にWebサイトへアクセスする場合に「なりすまし」を防止するために生体認証機能のリバースプロキシを利用します。リバースプロキシを利用することでターゲットWeb側を修正することなく導入できるメリットがあります。

生体認証を利用することでパスワードレス認証での運用が出来ます。生体認証対応のリバースプロキシはAWSで運用する構成例です。

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2015/01/aws-ami-1.png

 

FIDO2規格

FIDO2は、Webサービスで生体認証を行いパスワードレスでの認証に対応の統一規格です。FIDO2は、CTAPとWebAuthnの2つの規格から構成されています。

  • CTAP(利用者側の認証機器とブラウザ間の規格)
  • WebAuthn(ブラウザとRPサーバー間の規格)

FIDO2では、

認証器(セキュリティ・キー)を利用することにより「なりすましを防止」してパスワードレス認証を行います。

 

 

 

生体情報の保護

認証器(セキュリティ・キー)による「認証」および「生体情報」の保護

   生体情報は、利用者側が保有する「認証器」内に保存&保護されます
  公開鍵暗号化方式(公開鍵・秘密鍵)を利用、生体情報は「認証器」外へ漏洩しません

 

 

FIDO2対応のブラウザ

現在の主要なブラウザはFIDO2に対応しており、ご利用のブラウザをそのまま利用できます。FIDO2に対応のブラウザは

  • Chrome
  • Edge
  • Firefox
  • Safari

 

 

生体認証

FIDO2対応の生体認証には

  • 指紋認証
  • 静脈認証
  • 顔認証
  • 虹彩認証

などがあります。これらの認証方式から、使いやすい「指紋認証」を選択して利用します。

 

 

指紋認証の特徴

  • 10本の指が登録でき、どの指でも認証ができる
  • 認証精度が安定している
  • 認証器が豊富
  • USBタイプはPCへの接続が簡単
  • 汎用のPCで利用できる
  • Windows10の標準機能で指紋登録ができる

 

 

 

必要な機器や環境

ユーザー側

汎用のPC https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/10/uh55-1.png
ブラウザ https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/brauza-3.png
生体認証器 https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/bio-1.png https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/fido-usb-1.png

システム

生体認証対応リバースプロキシ

運用先

AWS

 

 

今回の構成

生体認証対応のリバースプロキシ・システムとしては、https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse Proxy for Biometrics」を利用してAWS上で運用します。

 

 

 

AWSでの構築

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif  AWS/EC2にCentOS対応Powered BLUEをセットアップする(AMI対応)

  • 東京リージョン / ami-287bac57 /  HVM / EBS-Backed

Amazon Web Services (アマゾン)上で、Powered BLUE 870 インターネットサーバーを構築する手順は以下の通りです。AWS/EC2にはCentOS 7 対応の「 Powered BLUE  870 」をパブリック AMIとして登録しています。ウイザードに従って、簡単にサーバーのセットアップが出来ます。HDDサイズは15GB以上 (最小)で指定します。

 

 

リバースプロキシの設定

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse Proxy for Biometrics」へリバースプロキシ先を登録します

  • 複数のリバース先 / バックエンドの設定に対応
  • リバース先のポート( http / https / 任意のポート番号)に対応
  • 終端までSSL通信での運用に対応
  • リバースプロキシーのWebサイトに Let’s Encrypt の利用が可能

 

生体認証器

生体認証としては、FIDO2対応の「指紋認証器」を利用します。USBタイプの指紋認証器は接続が簡単で便利です。

 

指紋認証器へ指紋登録の手順

  • 利用者はUSBタイプの「指紋認証器」をPCへ接続
  • 利用者の指紋を「指紋認証器」へ登録

 

 

 

 

 

Windowsでのセキュリティキー(指紋認証器)への指紋登録方法

* Windows10ユーザーは、Windows標準機能を利用しての登録に対応しています

Windowsの「アカウント」設定項目のサインイン・オプションのセキュリティキーの登録機能からセキュリティキーへの「指紋登録」が出来ます

 

アカウントを選択

 

 

サインインオプション&セキュリティキーを選択

 

 

セキュリティキー(指紋認証器)にタッチ

 

 

 

「セキュリティキーの指紋」のセットアップを選択

 

 

セキュリティキー(指紋認証器)にpinコードを設定

  • 新規使用時や初期化時にpinコードを設定します
  • pinコードは、指紋などの登録や再登録時にも使用します(重要)

 

 

本人の確認(指紋認証器に設定したPINコードの入力)

 

 

 

「指紋認証器」へ指紋の登録

 

 

指紋センサー(指紋認証器)にタッチ

同じ指でのタッチを、複数回繰り返し指紋を登録します

 

 

 

他の指も登録できます(合計10本まで)

 

 

 

Webへのアクセス手順

パスワードレス認証での運用のケース

(「生体認証」+「所持認証」= 2要素認証 )

 

 

1)生体認証対応リバースプロキシへアクセス(IDのみ入力 / パスワードレス

2)セキュリティキーにタッチ(指紋認証)

3)認証後にターゲットのWebへリダイレクト

 

 

 

3要素認証での運用のケース

(「生体認証」+「所持認証」+「パスワード認証」)

 

 

1)生体認証対応リバースプロキシへアクセス(ID & パスワード認証

2)セキュリティキーにタッチ(指紋認証)

3)認証後にターゲットのWebへリダイレクト

 

 

 

AWS以外での運用先

生体認証対応のリバースプロキシ・システム https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse Proxy for Biometrics」は

  • Azure
  • FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O  ( 富士通 )
  • SDPFクラウド( NTT communications )
  • VMware / Hyper-V

などでの運用にも対応しています

 

 

こんな場合に

  • Webアクセス時の厳密な「本人確認」を行いたい
  • 既存のWebサーバー側の変更はしたくない
  • ブラウザで利用したい
  • 海外や出張先のホテルからも安全にアクセスしたい
  • 生体認証時にActive DirectoryやLDAPと連携をしたい
  • VPNは負荷が高いので使いたくない
  • 自社管理下でパスワードレス生体認証システムを運用したい

 

デモサイト

Powered BLUE のデモサイトを用意しています

操作や動作を確認することが出来ます

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif Powered BLUE  のデモサイト

 

 

ご不明な点などは、ムービットの https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif お問い合わせフォーム からお問い合わせください