NTT communications」カテゴリーアーカイブ

FIDO2 / パスワードレス認証のWeb対応は生体認証機能のリバースプロキシを利用 / 既存Webの改修不要 / AWSやVMwareで運用

運用中のWebサイトへアクセスする際に、Web側の変更をすることなくFIDO2 / WebAuthn対応のリバースプロキシで指紋認証や顔認証で「本人確認」を行った後に、既存のWebへアクセスさせる方法です。

リモートアクセス時にWebサイトへアクセスする場合に「なりすまし」を防止するために生体認証機能のリバースプロキシを利用します。リバースプロキシを利用することでターゲットWeb側を修正することなく導入できるメリットがあります。

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2015/01/aws-ami-1.png

 

生体認証を利用することでパスワードレス認証での運用が出来ます。生体認証対応のリバースプロキシは AWSやVMwareESXi で運用する構成例です。iPhone / iPad やアンドロイド端末に内蔵の生体認証を利用してのアクセスも出来ます。

 

FIDO2規格

FIDO2は、生体認証に際して認証機器とブラウザ、およびターゲットWeb側の認証を行う統一規格です。

FIDO2 / WebAuthn の特徴は、PCやスマートフォン、ブラウザが対応済のため、生体認証の導入に際して「ご利用中のPCや携帯端末をそのまま利用できる」環境がすでに整っていることです。

  1. 主要なブラウザは、すべてFIDO2に対応済
  2. Windows やアンドロイドなどもFIDO2に対応済
  3. iPhone / iPad はSafari (ブラウザ)が対応済

 

 

生体情報の保護

FIDO2は、CTAPとWebAuthnの2つの規格から構成されています。

  • CTAP(利用者側の認証機器とブラウザ間の規格)
  • WebAuthn(ブラウザとRPサーバー間の規格)

 

   生体情報は、利用者側が保有する「認証器」内に保存&保護されます
  公開鍵暗号方式(公開鍵・秘密鍵)を利用、生体情報は「認証器」外へ漏洩しません

 

 

FIDO2生体認証のメリット

FIDO2 / WebAuthn による生体認証の特徴は

  • パスワードを覚える必要がない ( パスワードレス認証 )
  • 生体情報はユーザー側の「認証器」内に保護 ( 生体情報の漏洩防止 )
  • 第3者がユーザー側の「認証器」を利用しても、認証されません(なりすまし防止)

 

 

 

FIDO2対応のブラウザ

現在の主要なブラウザはFIDO2に対応しており、ご利用のブラウザをそのまま利用できます。FIDO2に対応のブラウザは

  • Chrome
  • Edge
  • Firefox
  • Safari

 

 

生体認証

FIDO2対応の生体認証には

  • 指紋認証
  • 顔認証
  • 静脈認証
  • 顔認証
  • 虹彩認証

などがあります。

パソコン・ユーザーの場合にはこれらの認証方式から、使いやすい「指紋認証」を選択して利用します。

スマートフォンやタブレット・ユーザーの場合には、端末に内蔵の「指紋認証や顔認証」などを利用できます。

 

 

指紋認証の特徴

  • 10本の指が登録でき、どの指でも認証ができる
  • 認証精度が安定している
  • 認証器が豊富(PCユーザー)
  • USBタイプの認証器はPCへの接続が簡単
  • 汎用のPCで利用できる
  • Windows10 / 11ではOSの標準機能で指紋登録ができる

 

 

 

必要な機器や環境

汎用PCの場合

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/10/uh55-1.png https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/brauza-3.png https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/fido-usb-1.png
Windows 10 / 11 FIDO2対応のブラウザ FIDO2・生体認証器

 

 

iPhone / iPadの場合

iOS 14以降 ブラウザ / Safari Touch ID / Face ID

 

アンドロイドの場合

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/brauza-3.png
Android 7 以降 FIDO2対応のブラウザ 指紋認証 / 顔認証

 

 

システム側

生体認証対応リバースプロキシ 運用先

 

 

今回のネットワーク構成

生体認証対応のリバースプロキシ・システムとしては

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse Proxy for Biometrics

を利用してAWSやVMwareESXi などで運用します。

 

 

 

 

AWSでの構築

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif  AWS/EC2にPowered BLUEをセットアップする(AMI対応)

Amazon Web Services (アマゾン)上で、Powered BLUEインターネットサーバーを運用します。AWS/EC2には「 Powered BLUE 」をパブリック AMIとして登録しています。ウイザードに従って、簡単にサーバーのセットアップが出来ます。

 

 

 

リバースプロキシの設定

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse Proxy for Biometrics」へリバースプロキシ先を登録します

アプライアンスの設定は、すべてGUIから行えます。

リバースプロキシの設定例

例 https://bio-auth.mubit.com/blog/  ⇒  https://sni-1.mubit.jp/blog/

 

 

 

生体認証器(PCユーザー)

生体認証としては、FIDO2対応の「指紋認証器」を利用します。USBタイプの指紋認証器は接続が簡単で便利です。

 

指紋認証器へ指紋登録の手順

  • 利用者はUSBタイプの「指紋認証器」をPCへ接続
  • 利用者の指紋を「指紋認証器」へ登録

 

 

 

 

 

Windowsでのセキュリティキー(指紋認証器)への指紋登録方法

* Windows 10 / 11 ユーザーは、Windows標準機能を利用しての登録に対応しています

Windowsの「アカウント」設定項目のサインイン・オプションのセキュリティキーの登録機能からセキュリティキーへの「指紋登録」が出来ます

 

アカウントを選択

 

 

サインインオプション&セキュリティキーを選択

 

 

セキュリティキー(指紋認証器)にタッチ

 

 

 

「セキュリティキーの指紋」のセットアップを選択

 

 

セキュリティキー(指紋認証器)にpinコードを設定

  • 新規使用時や初期化時にpinコードを設定します
  • pinコードは、指紋などの登録や再登録時にも使用します(重要)

 

 

本人の確認(指紋認証器に設定したPINコードの入力)

 

 

 

「指紋認証器」へ指紋の登録

 

 

指紋センサー(指紋認証器)にタッチ

同じ指でのタッチを、複数回繰り返し指紋を登録します

 

 

 

他の指も登録できます(合計10本まで)

 

 

 

Webへのアクセス手順

 

 

生体認証のステップ

PCユーザー

PC + FIDO2・指紋認証キー のユーザー

https://www.mubit.co.jp/pb-blog/wp-content/uploads/2021/12/fido-usb-1.png

パスワードレス認証での運用のケース

(「認証器の所持認証」+「生体認証」= 2要素認証 )

 

1)生体認証対応リバースプロキシへアクセス(IDのみ入力 / パスワードレス

2)セキュリティキーにタッチ(指紋認証

3)認証後にターゲットのWebへリダイレクト

 

 

 

3要素認証での運用のケース

(「認証器の所持認証」+「パスワード認証」+「生体認証」= 3要素認証)

 

 

1)生体認証対応リバースプロキシへアクセス(ID & パスワード認証

2)セキュリティキーにタッチ(指紋認証

3)認証後にターゲットのWebへリダイレクト

 

 

スマートフォン・ユーザー

iPhone / iPad  + Touch ID / Face ID  のユーザー

例 生体認証を利用したパスワードレス認証
(「iPhone / iPad の所持認証」+「生体認証」の 2要素認証 )

① 生体認証対応リバースプロキシへアクセス (IDのみ入力 / パスワードレス )
② 生体認証 ( Face ID やTouch IDの認証機能を利用 )
③ 認証後にリバース先のターゲットWebへリダイレクト

 

 

 

Android  + 指紋認証 / 顔認証 のユーザー

例 生体認証を利用したパスワードレス認証
(「Android の所持認証」+「生体認証」の 2要素認証 )

① 生体認証対応リバースプロキシへアクセス (IDのみ入力 / パスワードレス )
② 生体認証 ( アンドロイド端末の顔認証や指紋認証の機能を利用 )
③ 認証後にリバース先のターゲットWebへリダイレクト

 

 

 

AWS以外での運用先

生体認証対応のリバースプロキシ・システム https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse Proxy for Biometrics」は

  • Azure
  • FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O  ( 富士通 )
  • SDPFクラウド( NTT communications )
  • IndigoPro ( NTTPCコミニュケーションズ )
  • VMware / Hyper-V

などでの運用にも対応しています

 

 

こんな場合に

  • Webアクセス時の厳密な「本人確認」を行いたい
  • 既存Webの認証機能を強化したい
  • 既存のWebサーバー側の変更はしたくない
  • スマートフォンの生体認証から利用したい
  • 海外や出張先のホテルからも安全にアクセスしたい
  • VPNは負荷が高いので使いたくない
  • 自社管理下でパスワードレス生体認証システムを運用したい

 

 

 

生体認証のWebを新規に構築

FIDO2 / WebAuthnに対応のWebサーバーを運用したい場合には

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Web for Biometrics」を利用して、Webサイトの構築運用ができます。

自社管理で「新規にFIDO2 / WebAuthn 対応のWebサーバーを構築・運用」することに対応しています。

 

 

 

デモサイト

Powered BLUE のデモサイトを用意しています

操作や動作を確認することが出来ます

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif Powered BLUE  のデモサイト

 

 

ご不明な点などは、ムービットの https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif お問い合わせフォーム からお問い合わせください