月別アーカイブ: 2021年8月

KeycloakとAD認証やLDAP連携でSAML認証対応リバースプロキシ経由でWebへアクセス / ワンタイムパスワードやSSLクライアント認証やHAにも対応

idPとしてKeycloakとSSO認証に対応したリバースプロキシを組み合わせることで、社内Webアプリケーションに対し、安全なアクセス環境を提供できます。Keycloakは、ローカルユーザーの他に、ユーザーストレージ連携を有しており、LDAPやActive  Directoryなどのユーザーを認証することが出来ます。ワンタイムパスワード認証やSSLクライアント認証の併用やHA構成での運用にも対応しています。

社内のWebに関して

  • AD認証でアクセスしたい
  • LDAP認証でアクセスしたい
  • 終端のWebまでSSL通信でアクセスしたい(End-to-EndでのSSL通信)
  • ワンタイムパスワード認証でアクセスしたい
  • SSLクライアント認証で認証機能を強化したい

場合には、KeycloakはSAML認証対応リバースプロキシと組み合わせることで、上記のようなケースにおいてもターゲット側のアプリに大きな変更をかけずにセキュアなアクセス環境を構築できます。

 

Keycloak」と「SAML認証対応のリバースプロキシ」で構成します。

 

 

idP/Keycloak

idPとして、SAML認証に対応のkeycloakを利用します。

ローカルユーザー認証に加えて、ユーザーストレージ機能によるAD連携やLDAP連携を利用できます

 

Keycloakのアプライアンスを利用することもできます

 

 

Powered BLUE idP for Keycloak

Keycloakを自社で簡単に運用が出来るidPアプライアンスです

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE idP for Keycloak

 

Powered BLUE idP for Keycloak 構成

  • OS RedHat 8.x / RockyLinux 8.x 対応
  • Keycloak (アプリ)
  • GUIでのサーバーやアプリの設定
  • アプライアンス

 

 

GUIからサーバーや idP / Keycloak の操作や設定

  • サーバーの設定(Network / Firewall )
  • ウィザードによるKeycloakの構成や設定(スタンドアロンやクラスター)
  • DB 設定( H2 / MariaDB )
  • DB 構成   ( 内蔵もしくは外部サーバーのどちらの構成にも対応 )
  • Keycloak のバックアップ、リストア、バージョンアップ
  • keycloak へのアクセスポート( 80 / 443 )
  • リバースプロキシ連携機能
  • SSLサーバー証明書の登録
  • アクティブモニタ(サービス監視・再起動・管理者への通知)

などに対応しており、コマンドラインからのプログラムのインストールや設定は不要

 

*1 リバースプロキシ連携での運用およびリバースプロキシ無しのhttpsでKeycloakへダイレクトアクセスでの運用構成に対応

( 画面のイメージをクリックで拡大表示 )

 

 

Keycloakのバックアップ 例

 

Keycloakのアップグレード

ver 13.0.1 から ver 15.0.2 へ

 

【アクセスポート 80 / 443 】

リバースプロキシ経由やダイレクトにKeycloak (443 port) へのアクセスのどちらの構成にも対応

 

1) リバースプロキシ経由でKeycloakへアクセス

  • Client  ⇒   443 / リバースプロキシ  ⇒  80 / Keycloak

 

2) ダイレクトにKeycloak へアクセス(https/443)

  • Client   ⇒  443 / Keycloak (SSLサーバー証明書インストール)

 

 

SSLサーバー証明書機能

  • 自己証明のSSL証明書の作成機能
  • パブリックなSSL証明書のインポート機能

 

 

サーバーの簡単運用

  • サーバーのモニタリングやサービスの自動再起動
  • パッチの自動適用機能
  • 管理者への通知機能

 

 

 

Keycloakのクラスタ構成

 

GUIからのKeycloakクラスタ構成の設定や運用に対応

 

 

クローズドネットワーク

仮想アプライアンスのインポートによりインストールなしでの運用が可能
サーバーの自己監視機能により、外部の監視サービスを利用しない運用に対応

  • 例 LGWANでKeycloakを運用

 

 

 

Keycloakへのアクセス

https://xxx.yyy.zzz.ttt/

* リバースプロキシを経由しない、直接の https / 443 portでのKeycloakへのアクセス構成にも対応

 

 

ID認識型のリバースプロキシ

SSO対応のリバースプロキシとして、SAML認証機能のリバースプロキシ・アプライアンス https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gifPowered BLUE Reverse-Proxy for SSO / IDaaS」を利用します。

特徴としては

  • SAML認証対応リバースプロキシ機能
  • SSLクライアント認証対応
  • ワンタイムパスワード認証
  • HA構成対応
  • End-to-End のSSL通信に対応
  • syslog対応

などの機能を有しているアプライアンスです。

AWSやAzure、VPSなどのクラウド環境やVMware / Hyper-Vなどの仮想環境での運用に対応しています。

 

AD認証+SSLクライアント認証時の構成

SAML認証対応のリバースプロキシに「SSLクライアント認証機能」を付与します

 

AD認証+ワンタイムパスワード認証時の構成

SAML認証対応のリバースプロキシに「ワンタイムパスワード認証機能」を付与します

 

Google Authenticatorなどの無償のソフトウエア・トークン&QRコードに対応

 

アクセス時の手順

 

 

AD認証+SSLクラアイント認証+ワンタイムパスワード認証時の構成

SAML認証対応のリバースプロキシに「ワンタイムパスワード認証機能+SSLクライアント認証」を付与します

 

 

リバースプロキシの冗長構成

SAML認証対応のリバースプロキシをHA構成で運用します

Master側のSAML認証対応のリバースプロキシの設定内容が、Slave側のリバースプロキシに自動同期します。

HA構成時にワンタイムパスワード認証やSSLクライアント認証の併用もできます。

 

 

 

End-to-EndでのSSL通信

クライアント (https)  ⇒ リバースプロキシ (https) ⇒ ターゲットWeb  (https)

リバースプロキシの冗長化の場合も含めて、途中でSSL通信をターミネートすることなく、全通信経路でのSSL通信に対応しています。ターゲットWebがWAN側に設置の場合でもセキュアなアクセスが出来ます。

 

 

対応の運用先

運用先に対応の仮想アプライアンスでの提供

  • AWS / Azure / FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O / VPS  などクラウド環境
  • VMware / Hyper-V / Nutanix などの仮想環境

 

 

デモ

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif デモサーバー

 

終わりに

デモ環境で試してみたい方や詳しい話を聞いてみたい方などは、ムービットの https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/img2/arrow-finger.gif お問い合わせフォーム からご連絡ください。