AWS」カテゴリーアーカイブ

既存Webの改修不要でワンタイムパスワード認証機能を追加 / Webを多要素認証にする方法

【既存Webの認証が弱い】

既存で運用中のWebサイトに認証機能が「ない」場合や、ID/パスワード認証のみで「認証機能が脆弱」の場合、セキュリティ部門などから認証機能を追加して多要素認証での運用や認証機能の強化を求められる場合があります。

 

【Webの改修は困難】

運用中のWebを改修して、認証機能を追加するには

  • ターゲットのWebサーバーの台数が多い
  • プログラム的に改修が難しい
  • コストがかかりすぎる

などで、ターゲットのWebサイトを改修して認証機能の強化をしにくいケースがあります。

 

【Webの改修不要で認証を強化】

Web認証対応のリバースプロキシを中継することにより

  • ターゲットのWebを改修不要
  • Web認証機能を追加

することが出来ます

 

導入前

 

導入後

 

 

【認証機能対応のリバースプロキシ】

認証機能に対応のリバースプロキシとしては、各種のWeb認証に対応の

を利用できます。

 

リバースプロキシのWeb認証としては

  • ワンタイムパスワード認証
  • SSLクライアント認証
  • SAML認証
  • AD認証
  • FIDO2生体認証

などに対応しています。

 

【OTP認証機能対応のリバースプロキシ】

ワンタイムパスワード認証のリバースプロキシのモデルは

 Powered BLUE Reverse-Proxy / OTP

毎回、使い捨てのワンタイムパスワードで認証を行います。

 

【登録方法】

登録は簡単

  • スマートフォンユーザーはQRコードをスキャン
  • PCユーザーは「文字列コード」を登録

 

 

【アクセス手順】

① ワンタイムパスワードの表示
② リバースプロキシにアクセス ID / パスワード / ワンタイムパスワード入力
③ 2要素認証の成功後 リバースプロキシ経由でターゲットのWebサイトの表示

 

【Q&A】

Q 利用できる無償のソフトウエアトークンは?
A Google Authenticator / WinAuth  / Authy  / IIJ SmartKey / Microsoft Authenticatorなど

Q 複数のWebサーバーへのリダイレクトは設定できますか?
A 複数のWebサーバーへのリバースプロキシの設定に対応しています

Q Powered BLUE リバースプロキシ・アプライアンスの提供形態は?
A RockyLinuxやRedHatに対応のアプライアンスでの提供となります

Q Powered BLUE リバースプロキシ・アプライアンスの稼働環境は?
A AWS / Azure / VMware / Hyper-V / FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O / IndigoPro  他

 

Q 運用に際して、サードパーティの監視ソフトは必要ですか?
A 自己監視機能を有しており監視ソフトは不要で、ひとり情シスでの運用に対応しています

Q ロードバランサー配下でも運用できますか?
A 冗長構成での運用にも対応しています

 

Q 自社管理で運用したいのですが?
A Powered BLUE は自社管理で運用できるオールインワンのアプライアンスです