脱PPAP&オンラインストレージ 販売価格


Powered BLUE MailPlus サーバー 販売価格

Powered BLUE Mail Plus(パワード・ブルー・メールプラス)は、電子メールのファイル送信のセキュア化(添付ファイルのZIP保護や脱ZIPパスワードの両方に対応)、および、大容量ファイルの送受信に対応したアプライアンスです。



製品の価格 / Powered BLUE VM 仮想アプライアンス



Powered BLUE MailPlus アプライアンスは、対応の環境に合わせた
  •  サーバーイメージ
を作成して提供します


運用先の環境
対応環境  VMware
Hyper-V
AWS版
 Model  MailPlus-for-VM  MailPlus-for-AWS
 CentOS 7.x(標準)
 RedHat 7.x(カスタム) option option


* ベースOSのデフォルトはCentOS7.xです カスタムとしてRedHat OS 7.xの選択も可能です
* AWSは東京リージョンとなります(東京リージョン以外の場合には、別途お問い合わせください)
* 上記以外の運用先環境(Azure/OpenStack/etc)については、別途お問い合わせください


モデル
機能 モデル   
Business版 Pro版
メール添付ファイルZIP暗号化 
メール添付ファイルWebダウンロード
 Webダウンロード認証  ランダムURL
 Basic認証
 SSLクライアント認証 option option
ワンタイムパスワード認証  option option
AD認証  option option
SAML認証  option option
 大容量ファイル送受信
受信メールのテキスト化や添付ファイル削除  
 受信メールの2重配送
 (オリジナルメール/テキスト化&添付ファイル削除)
インターネット
サーバー機能
Mail/Web/DNS/ftp
仮想サイト数1
 サーバーの自己監視
サービス再起動
  無償SSLサーバー証明書
Let's Encrypt 対応(フリープラグイン)
 ベースOS CentOS 7.x (標準)  ✔
RedHat OS 7.x (カスタム)  option option
初期費用(税別) 18万円 18万円
年間費用(税別) 48万円 72万円
オプション   
Webダウンロード認証-Kit AD認証 * 初期費用 6万円
年間費用  24万円
SAML認証 * 初期費用 6万円
年間費用 24万円
 SSLクライアント認証 * 初期費用 6万円
年間費用  24万円
  ワンタイムパスワード認証 * 初期費用 6万円
 年間費用 call
syslog-Kit   syslog機能 初期費用 6万円
年間費用 12万円

* 初期導入時には、初期費用と年間費用(サブスクリプション)が必要です
* 更新時には年間費用(サブスクリプション)が必要です
* サブスクリプションの期間中はソフトウエアをご利用いただくことが出来ます
* ベースOSとしてRedHat OS 7.xの選択も可能です(RedHat対応版は費用が異なります)
* AWSは東京リージョンとなります(東京リージョン以外の場合には、別途お問い合わせください)
* 運用基盤の費用は(VPS/AWS/etc) は含まれておりません
* 運用基盤側のサポートは含まれておりません
* 販売価格はオープンプライスです。表示価格はインターネット直販時の価格です
* フリープラグインは無償で利用できます(サポート対象外となります)
* AD認証は、別途ADサーバーが必要です
* SAML認証は、別途idPが必要です
* SSLクライアント認証は、別途CAが必要です
* ワンタイムパスワード認証/認証ユーザー数により費用が異なります
* 上記以外の運用先環境(Azure/CloudStack/etc)については、別途お問い合わせください