リバースプロキシ・アプライアンスMubit Co,. Ltd.

TEL:03-5390-3553東京都北区王子1-28-6-3F 株式会社 ムービット



多要素認証対応リバース・プロキシ

写真の説明を入れます

Powered BLUE 870 リバースプロキシ・アプライアンス

製品の概要

多要素認証対応リバースプロキシー

Powered BLUE 870 リバースプロキシは

●リバースプロキシ
●ワンタイムパスワード認証
●SSLクライアント認証
●Mail/Web/DNS/ftp サーバー

など機能を有しており、Webサーバーの運用やワンタイムパスワード認証やSSLクライアント認証などの多要素認証(Multi Factor Authentication )とリバースプロキシの同時併用での運用にも対応したオールインワンのアプライアンスです。


リバースプロキシーの設定例
・複数のリバース先を設定出来ます
・リバース先のポート(http/https/ポート番号)を指定出来ます
・終端までSSL通信での運用が可能です
・リバースプロキシー運用のWebサイトにLet's Encryptも利用出来ます




SSLクライアント認証とリバースプロキシを1台で運用

●SSLクライアント認証後のリバースプロキシー
●「CAとSSLクライアント認証サーバーとリバースプロキシ」を1台で運用
●ディレクトリ毎の個別のSSLクライアント認証設定が可能
●「CA」と「SSLクライアント認証サーバー&リバースプロキシ」を分離で運用



各社CA(認証局)について


●Public-CA(グローバルサイン社 / UPKI / 他など)
●Private-CA(Powered BLUE / Windows / 他など)
に対応しています。


ロードバランサーとの連携での運用
ロードバランサーと連携して、リバースプロキシの冗長構成での運用にも対応しています。





SSLクライアント認証時のアクセスコントロール
有効なSSLクライアント証明書を有している場合でも、Webサイト毎に各種のアクセスコントロールが設定出来ます
失効リスト(CRL)に関わらず、ただちにWebへのアクセス禁止を設定できます
SSLクライアント証明書を失効させることなく、Webへのアクセスを禁止できます

●組織や部門でのアクセス制限
●曜日や時間帯でのアクセス制限
●特定ユーザーでのアクセス制限
●端末を紛失したので、ただちにAさんのSSLクライアント証明書でのアクセスを禁止
   


ログの出力先などの指定
SSLクライアント認証時のアクセスログの出力先を指定出来ます
  


ワンタイムパスワード認証/OTPとリバースプロキシを1台で運用


●ワンタイムパスワード認証後のリバースプロキシー
●「ワンタイムパスワード認証サーバーとリバースプロキシ」を1台で運用
●ディレクトリ毎の個別のワンタイムパスワード認証設定が可能





提供形態

仮想アプライアンス
VMware ESXi / Hyper-Vに対応
仮想基盤にインポートするだけで、すぐに運用が開始できます


クラウド対応
AWSやAzure、FUJITSU Cloud Service for OSS(富士通)
Enterprise Cloud (NTT communications)、ALTUS (GMOクラウド)、VPS他


ハードウエア・アプライアンス




各種情報


アプリケーション
Powered BLUE 870 フリープラグイン

動作環境
Powered BLUE 870 Reverse Proxy の動作環境

デモサイト
Powered BLUE 870 デモサイト

データ移行
Powered BLUE へのデータ移行(マイグレーション)

バックアップ
Powered BLUE USB バックアップ






前のページに戻る