MENU

  1. メール・DNS・Webのオールインワンサーバー
  2. 添付ファイルの暗号化 & ファイルアップローダー
  3. 仮想化対応のソフトウェア・アプライアンスについて
  4. プライベートCA

プレスリリース
2015-12-11


Powered BLUE プライベートCA について「アカデミック版」の発売開始



株式会社ムービット(東京都北区、代表取締役:谷地田 工)は、従来から発売のSSLクライアント認証機能を持つ仮想アプライアンス「Powered BLUE プライベートCA」について、教育機関でSSLクライアント認証を導入がしやすい「アカデミック版」を設定しました。「Powered BLUE プライベートCA」を利用することで、学校などでSSLクライアント認証による2要素認証が簡単に運用が出来ます。


製品の概要

「Powered BLUE プライベートCA」はプライベートCA/Webサーバー/リバースプロキシ機能を1台で運用できる統合型のアプライアンス製品です。SSLクライアント証明書の発行・管理から Webサーバーの運用およびWebサーバーへのアクセス時のSSLクライアント認証やリバースプロキシ機能により、既存のWebへの連携なども1台のサーバー上で行うことが出来ます。

マルチテナント機能により、1台のサーバーで複数のプライベートCAの運用・WebへのSSLアクセス認証を個別に運用することが可能です。教育現場で運用の場合には、学年やクラス毎ごとに個別のプライベートCA・Webアクセス認証のサービスを提供することが出来ます。既存のWebサーバーへのアクセスも、リバースプロキシ機能により、SSLクライアント認証を行った上で安全にアクセスさせることが出来ます。


製品の特徴


・プライベートCAの機能
 マルチテナントCA
 SSLクライアント証明書発行
 SSLサーバー証明書発行
 SSLクライアント認証

・リバースプロキシ機能
 SSLクライアント認証後のリバースプロキシ機能

・インターネットサーバー機能
 Mail/Web/DNS/ftp/syslog/RoundCube/ownCloudなどのインターネットサーバー機能

・対応の仮想環境
 VMware / Hyper-V

・対応のクラウド環境
  Amazon AWS
  Apache CloudStack および Citrix CloudPlatform
  ( IDC フロンティア / セルフクラウド )
  ( NTTコミュニケーションズ / cloudn )
  ( GMOクラウド / ALTUS )
  ( KDDI / クラウドプラットフォームサービス)

・対応OS
 CentOS 6.x / x86_64 (64bit)


販売開始&価格

・販売期間 2015年12月14日から2016年3月25日まで

・ソフトウェアアプライアンス

B860-VM-CA-100 (ベーシックタイプ)

一般向け          通常版 初期費用16万円 価格30万円/年 (税別)

教育機関向け アカデミック版 初期費用16万円 価格15万円/年 (税別)

B860-VM-CA-100-Rev (リバースプロキシタイプ)
一般向け          通常版 初期費用16万円  価格45万円/年 (税別)
教育機関向け  アカデミック版 初期費用16万円 価格22万5000円/年 (税別)



※製品は以下のURLでご覧いただけます。

  製品
  http://www.mubit.co.jp/products/ca/ca.html


お問合わせ

 株式会社ムービット
 TEL 03-5390-3553 FAX 03-5390-3650
 E-mail info@mubit.co.jp
 http://www.mubit.co.jp



記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。


過去のプレスリリース

2015-11-01

グループウェア利用時のSSLクライアント認証が出来る「グループウェアSSLクライアント認証パック」の発売

2015-06-15

グループウエア/Webメールやワークフローに対応のSSLクライアント認証が運用出来る統合型アプライアンスの発売

2014-12-11

マルチテナント対応のプライベートCAやSSLクライアント認証Webが運用出来る統合型アプライアンスの発売

2014-10-06

SSLクライアント認証に対応したオンラインストレージ「ownCloud」が使える仮想アプライアンスの発売開始


2014-05-21

CloudStackに対応したインターネットサーバーのイメージテンプレート提供開始

2014-01-20

アマゾン ウェブ サービス(AWS)で運用できる暗号化通信(TLS)対応のログサーバーの発売

2013-12-13

アマゾン ウェブ サービス(AWS)対応のインターネットサーバーを発売

2013-11-19

CentOS 6対応のインターネットサーバー「Powered BLUE 860」を発売

2013-10-03

VMWare / Hyper-V に対応のSSLクライアント認証機能をもつインタネットサーバーの仮想アプライアンスの発売

2013-05-28

CloudStackに対応したメール暗号化アプライアンス発売

2013-01-16

リバースプロキシ機能を持つプライベートCAの仮想アプライアンス発売

2012-10-23

Hyper-Vに対応した添付ファイルのZIP暗号化やダウンロード運用出来る仮想アプライアンスの発売

2012-06-19

メール添付ファイル暗号化アプライアンスの新モデルの発売開始 \

2012-04-20

Google Appsに対応したメール添付ファイル暗号化の仮想アプライアンス提供開始

2011-06-22

メール添付ファイル暗号化や大容量ファイルの送受信機能を持つ仮想アプライアンスの発売開始

2011-06-06

インターネットサーバ機能を1台で運用できる仮想アプライアンス「Powered BLUE 850 VM edition」の提供開始

2011-01-25

メールの添付ファイル暗号化および大容量ファイルの送受信機能を持つインターネットサーバー「Powered BLUE 850 メールプラス」を発売

2010-12-20

インターネットサーバー機能を1台で運用できる「Powered BLUE 850」を発売

2010-08-24

クラウド環境に対応したソフトウエア・アプライアンス用ソフトの発売

2010-05-13

メールのセキュリティ強化アプライアンスの新モデルの発売

2009-07-28

メールプラススピリットについて、レンタル方式での提供およびアカデミックライセンスを設定

2009-06-02

メールの添付ファイルのZIP暗号化や添付ファイルのダウンロード機能を持つRedHat対応版ソフトウエアを発売

2009-01-07

メールの添付ファイルのZIP暗号化や添付ファイルのダウンロード機能を持つソフトウエアを発売

2008-10-08

メールの添付ファイルの暗号化や添付ファイルのダウンロード機能を持つオールインワンサーバーを発売